<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              鈴木商店関連出版物

              鈴木商店の歴史に関連する書籍等をご紹介します。
              本サイトの作成にあたっては、これら諸資料を參照させていただきました。

              書籍/參考資料(順不同)

              • お家さん(上?下)

                玉岡かおる著  新潮社/新潮文庫

                働く者たちの拠り所たる「家」を構えた商家の女主人を意味する言葉、「お家さん」。本書は「お家さん」と呼び慕われながら、鈴木商店を日本一の年商を誇る巨大商社へと導いた鈴木よねの生涯を描いた感動の大河小説。

              • 大番頭金子直吉

                鍋島高明著  高知新聞社

                本記念館の監修者でもある鍋島高明氏が、高知新聞に連載したコラム「大番頭金子直吉—鈴木商店の栄光と挫折」(2012年7?12月)に加筆修正し、「取材余話」を加えたもの。日本経済の近代化に大きく貢獻し、政財界のリーダーを多く育て、大正経済史における「怪物」と稱された金子直吉の経済人生が綴られている。

              • 金子直吉 商社の源流
                「鈴木商店」を育てた巨人

                小宮由次著  自費出版

                日商巖井(現?雙日)OBで本記念館編集委員會副委員長でもある著者が、自身のライフワークとする「鈴木商店研究」の成果をまとめたもの。天才実業家?金子直吉が興し育て、そして今日へと連なる企業系譜の全貌が明らかにされている。
                ※本書は一般書店ではお求めになれません。入手ご希望の方は、「お問い合わせ」ページより編集委員會までご連絡ください。1冊1,400円(送料別途)でお分けしております。

              • 鼠 鈴木商店焼き打ち事件

                城山三郎著 文藝春秋/文春文庫

                大正7年、米騒動によって神戸の本店を焼き打ちされた鈴木商店?!该讈彬vは鈴木商店による米の買い占めが原因」との通説に疑問を抱いた「私」が丹念な取材を通して、その真相を糾明していくノンフィクション?ノベル。城山文學の最高傑作。

              • 総合商社の源流 鈴木商店

                桂 芳男著 日経新書

                総合商社の源流として日本経済の近代化に多大な貢獻を果たした鈴木商店は、その畫期的な企業者活動にもかかわらず、倒産による內部資料の散逸もあって研究上は甚だしく冷遇されてきたのではないか——。そんな問題意識に駆られた著者(元?神戸大學名譽教授)が、その歴史をくまなく調べ上げた鈴木商店研究の基本文獻。

              • 羽幌炭砿大同窓會記念誌(悠久の夢をかけた羽幌炭砿)および同記念誌のDVD版

                羽幌炭砿大同窓會実行委員會?鈴木商店記念館 共同編集

                平成27年9月に北海道苫前郡羽幌町にて開催された「羽幌炭砿閉山45年記念シンポジウム」にあわせて「羽幌炭砿大同窓會実行委員會」と當記念館が共同編集したもの。金子直吉が鈴木家再興の夢をかけた羽幌炭砿の全容が網羅されている。
                ※現在、記念誌の在庫はございませんが、同実行委員會にて同記念誌のDVD版を作成?販売中です。DVD入手ご希望の方は、當記念館の編集委員會ブログ(2015.12.12)をご覧下さい。

              • 鈴木商店と臺灣 -樟脳?砂糖をめぐる人と事業-

                齋藤尚文著  晃洋書房

                明治中期、鈴木商店は日本の領土となった臺灣に進出すると専売樟脳油の65%の販売権を獲得するという成果をあげ、その後も臺灣での最大の事業となる製糖事業、さらには製塩事業にも進出するなど事業の多角化?資本の蓄積を進めた。本書は當記念館の協力者でもある齋藤尚文氏が、鈴木商店の臺灣における事業の実像を樟脳と砂糖に焦點を當てて周到な調査に基づき実証的に描き出し、その歴史的意義を問う力作である。

              • 遙かな海路 巨大商社?鈴木商店が殘したもの

                神戸新聞社編 辰巳會?鈴木商店記念館協力 神戸新聞総合出版センター

                2017年に神戸開港150年を迎えるのを機に、鈴木商店の波亂の軌跡をたどる「遙かな海路 巨大商社?鈴木商店が殘したもの」が鈴木商店記念館との連攜により、2016年4月から2017年3月まで神戸新聞の朝刊に連載された。本書はこの連載を296ページ?オールカラーの単行本にまとめたもので、かつて売上日本一を誇った幻の総合商社の成功と失敗に今何を學ぶべきか、経営者とは、企業の役割とはなど、不透明感漂う現代に通じる數々の教訓を読み取ることができる、鈴木商店に興味をお持ちの方にとっては必見の1冊である。

              • 鈴木商店の経営破綻 ~橫浜正金銀行から見た一側面~

                武田晴人著  日本経済評論社

                今から百年前、日本経済に大きな波亂を捲き起こした巨大商社?鈴木商店。ベールに覆われた経営実態と破綻に至る経緯について、橫浜正金銀行の取引資料、調査報告などを手掛かりに迫る。東京大學名譽教授で日本経済の専門家による銀行資料を通して鈴木商店の実態を分析した貴重な研究書。

              • 日商四十年の歩み (昭和43年発行)
              • 金子直吉伝?復刻版 (人物で読む日本経済史 第八巻 白石友治編 ゆまに書房)
              • 松方?金子物語 (藤本光城著 兵庫新聞社)
              • 幻の総合商社 鈴木商店 (桂 芳男著 現代教養文庫)
              • 鈴木商店と金子直吉の人間像 (株)神戸製鋼所創立79周年記念講演?。ü?芳男 別冊神鋼タイムス)
              • 野生のひとびと (城山三郎著 文春文庫)
              • 海鳴りやまず 第二部 神戸近代史の主役たち (神戸新聞社編)
              • 成金炎上 昭和恐慌は警告する (山岡淳一郎 日経BP社)
              • 真珠灣攻撃を決斷させた男 第三章 金子直吉と新宿中村屋 (荻野正蔵著 K&Kプレイス)
              • 経済野話 (金子直吉著 巌松堂書店 大正13年発行)
              • 史上最大の仕事師 鈴木商店の大番頭?金子直吉のすべて (澤野恵之著 PHP研究所)
              • 昭和金融恐慌秘話 (大阪朝日新聞経済部編) 
              • 日本創業者列伝 (加來耕三著 學陽書房)
              • 評伝?金子直吉 行け! まっしぐらじゃ (辻本嘉明著 郁朋社)
              • その時歴史が動いた? (NHK取材班?編 KTC中央出版)
              • 関西系総合商社の原像 (桂 芳男著 啓文社)
              • 総合商社の経営史 (宮本又次?栂井義雄?三島康雄編 東洋経済新報社)
              • 昭和政治経済史への証言<上> (安藤良雄?編著 毎日新聞社) 

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>