<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              相生

              播磨造船所とともに歩んだ相生

              相生は鈴木商店が拡張した播磨造船所とともに歩んだ小都市である。

              明治40(1907)年、相生村長?唐端清太郎は、寒村相生を「西の神戸」にすることを夢見、阪神財界?地元有志の出資を得て、播磨船渠株式會社を設立した。第一次世界大戦が始まると、唐端は鈴木商店に造船所の買収と拡張を懇請する。大正5(1916)年、鈴木商店は相生の造船所を傘下におさめ、株式會社播磨造船所と改稱、膨大な資本を投じて大型船を建造できる造船所を造り上げた。

              買収時200名程度であった従業員は、大正8(1919)年に6,000名に達した。従業員を定著させるため、造船所は大規模な社宅街を建設し、商店街(現?ほんまち商店街)?病院(現?IHI播磨病院)?幼稚園(現?相生幼稚園)?劇場といった施設を整備した。當時の幹部?職工の社宅は現在でも市內各地で散見される。鈴木商店の若手社員、北村徳太郎や林彥一はこうした街づくりに情熱を傾けた。また、造船所の土木工事請負として大本組を創立した大本百松は、米騒動の時、鈴木よねを助けに神戸の須磨に駆けつけている。

              播磨造船所の社章は、鈴木よね(=米)から形取った菱形にH(播磨)で、造船所內にある赤煉瓦造りの倉庫の頂上には鈴木の米(よね)マークが今も殘る。ペーロンは、長崎から來た従業員の提案により造船所の海上運動會として始まり、今は市をあげての催しとなっている。

              昭和35(1960)年、播磨造船所は石川島重工業と合併して石川島播磨重工業(IHI)となる?!覆ツピ齑趣趣猡藲iんだ二十世紀の相生」の歴史は市立歴史民俗資料館で學ぶことができる。

              わが街――鈴木商店とその時代

              • 那波駅 大正7年頃
                明治23(1890)年、山陽鉄道那波駅として開業した。昭和17(1942)年、相生(アイオイ)が市になるとともに相生(アイオイ)駅と改稱された。昭和26(1951)年、赤穂線が分岐、昭和47(1972)年、山陽新幹線の停車駅となる。
              • 松田汽船の三國丸 大正10年頃
                阪神-相生-小豆島-高松を結んでいた定期航路の客船三國丸。春になると、お遍路さんがこの船で四國に渡った。
                相生は、四國からミカンを運んでくる船、年末になると石臼を運んでくる船など機帆船の行き交う商港であった。
              • 漁港と魚市場 大正10年頃
                相生(オウ)は江戸時代赤穂領の漁村であった。野口雨情の「播磨港節」は、こう詠う。
                おおの港は懐かし港 軒の下まで船がつく
                かつて相生に時を告げた魚市場の法螺貝は、いつしか造船所のサイレンに変わった。

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>