<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              北海道(羽幌)

              鈴木再興を賭けた無人の原野に殘る大炭鉱の夢の跡

              北海道北部の日本海側、日本一の甘えびの漁獲量を誇る羽幌町に、かつて日本有數の炭鉱の街「羽幌炭砿」があった。

              羽幌炭砿は、「石炭産業は必ず國策的な産業になる」という金子直吉の持論から鈴木商店により取得された炭鉱である。鈴木商店破綻後、金子直吉は羽幌炭砿に主家再興の夢を賭けた。そして昭和14(1939)年、同鉱を引き継いだ太陽曹達(後?太陽産業)が、開発を開始した。

              戦局が深刻化する中、當初は神戸製鋼の熱源を供給することを使命として開発を急ぎ、そして石炭搬送のための鉄道「羽幌炭砿鉄道」を建設。その後、築別炭砿、羽幌本坑、上羽幌坑の3鉱區を開発した。創業時には、元鈴木商店の幹部や金子直吉の縁者が開発を支え、戦後は高畑誠一が會長を務めた。

              羽幌炭砿は、住宅、學校、幼稚園、病院、消防署、商店街、劇場等々まであらゆる生活基盤を整備し、街の隨所に辰巳橋、辰巳屋旅館、金子町、太陽小學校など鈴木商店に由來する名稱が付けられた。

              最盛期には年間100萬トンを超す出炭量を達成、羽幌町の人口は3萬人を超える繁栄を記録した。鈴木商店の精神を受け継いだ経営陣は、社員や次世代を擔う子供たちのために、蕓術?文化?スポーツ等の活動を支援し、炭砿(ヤマ)で生活する喜びを教えた。しかし、國のエネルギー政策の転換等に伴い、昭和45(1970)年、羽幌炭砿は閉山を余儀なくされ、30年の歴史に幕を下ろした。さらにその後、國鉄羽幌線の廃止などに伴い羽幌町の過疎化は急速に進んだ。

              閉山後40年以上も経過した現在でも、運搬立杭、選炭工場?貯炭場、炭砿アパート、病院、太陽小學校が殘され、それらは深い草叢に覆われている。羽幌の足跡炭砿は「羽幌町郷土資料館」に展示?保存されている。今でもここを訪れると、當時の羽幌炭砿の隆盛に思いを馳せることができるだろう。

              わが街――鈴木商店とその時代

              • 羽幌大通り(明治末期)
              • 羽幌大通り(大正14年)
              • 羽幌大通り(昭和8年)

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>