<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              英國(ロンドン?シティー)

              世界の金融を牽引したバンク?オブ?イングランド(左)と王立取引所(右)

              ロンドンの金融?ビジネスの中心地シティを拠點に世界に飛躍した鈴木商店

              ロンドンの中心部は、「シティ?オブ?ロンドン」または単に「シテ?!工群簸肖?、世界三大金融市場の一つ?ロンドン金融市場の中心地として、ロンドン証券取引所やイングランド銀行(バンク?オブ?イングランド)、ロイズ本社等が置かれニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導し、世界有數の商業の中心地としても機能していていた。

              19世紀以降、植民地その他の國々からのコーヒーその他の飲み物の取引から始まった“コーヒーハウス”から発展した各種商品の取引所が生まれた。取り分け重要な取引所として「ロンドン商品取引所(The London Commodity Exchange)」「ロンドン金屬取引所(The London Metal Exchange ;LME)」「バルチック商業?海運取引所(The Baltic Mercantile & Shipping Exchange)」が挙げられる。

              鈴木商店がロンドンに進出したのは、明治33(1900)年シティの一角ミンシングレーンに支店を開設し、砂糖の輸入、日本天産物の販売を開始したが、本店の組織変更に伴い、明治35(1902)年ロンドン支店は閉鎖、ロンドンには代理店が置かれた。
              (「鈴木商店の履歴書」たつみ第14號)

              鈴木商店が再びロンドンに本格的に進出するのは明治42(1909)年、シティの同じミンシングレーンに出張所を開設。初代所長として神戸居留地商館「イリス商會」出身の芳川筍之助が赴任し、ジャワ糖、ラングーン米、サイゴン米の英國への輸出を手掛けた。

              大正元(1912)年、芳川の後任として高畑誠一が第二代所長として派遣された。高畑は、神戸高商卒3年目の25歳の若さであった。ロンドンでの高畑の活躍により、鈴木商店は大飛躍を遂げ、日本一の大商社に躍り出た。

              関連リンク

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>