<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              臺灣

              鈴木商店の発展を支えた新天地臺灣

              臺灣は、鈴木商店にとって樟脳?砂糖?塩?石炭など製造業進出や事業の多角化のきっかけとなった地である。

              臺北市內には、民政長官?後藤新平ゆかりの臺灣総督府(現?中華民國総統府)、樟脳?塩?酒?煙草で関係のあった専売局(現?臺灣酒股有限公司)、鈴木のメインバンクとなり運命を共にする臺灣銀行(現?臺灣銀行(商業銀行))がある。

              樟脳油の重要物産化で実績を上げた鈴木商店は、樟脳専売制度のもと樟脳油の販売権を獲得、また宜蘭方面では臺灣製脳の設立に関與した。また塩専売制度においても販売権を獲得し、大日本塩業(現?日塩)が請け負った?,F在も臺南市安平に煉瓦作りの倉庫が殘る。

              製糖業は臺灣での最大の事業であった。北港製糖(雲林県)設立を基點として島內製糖會社を吸収合併し、南靖(嘉義県)、烏樹林(臺南市)、北港(雲林県)、斗六(雲林県)、烏日(臺中市)、月眉(臺中市)の6工場を有する東洋製糖(雲林県)を誕生させ、臺灣五大製糖會社の一角を占めた。さらには朝日製糖(新竹市)、宜蘭殖産(宜蘭県)、日本拓殖(桃園県)を相次いで設立し、製糖業の領域を臺灣北部へと広げた。このほか五大製糖の一つ塩水港製糖(臺南市)の大株主となるほか、臺南製糖(宜蘭県)、林本源製糖(臺中市)、新興製糖(高雄市)などの製品販売を擔當し、糖商としての本領を発揮した。臺灣炭業(臺北市)はこれら鈴木商店系列の製糖會社が設立した共同燃料供給會社である。

              わが街――鈴木商店とその時代

              • 臺北市街 大正中期
              • 臺北市街 大正中期
              • 臺北市街 大正中期

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>