<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              小林製鋼所の買収、神戸製鋼所の設立

              鈴木商店初の重工業進出、日本の造船?機械産業を牽引、運輸の高速度化に貢獻

              鈴木商店は創業時の洋糖引取商から製糖、樟脳、薄荷と軽工業中心に事業展開したが、神戸製鋼所の設立を機に重工業分野にも積極展開していく。

              當時、鉄鋼業は、官営八幡鉄鐡所が操業したばかりで採算もとれず、とても民間企業が取り組む事業とは考えられない狀況であった。神戸製鋼所の前身?小林製鋼所が、東京の書籍商?小林清一郎により神戸?脇浜に建設されたのは明治38(1905)年のことであった。

              鈴木商店は、小林製鋼所に輸入機械代金および建設資金を融資していたが、初出鋼に失敗し、資金的にも行き詰まり、操業1ヶ月あまりで身売り話が出て鈴木商店に救済を求めてきた。小林製鋼所を引き受けることになった鈴木商店は、明治38(1905)年神戸製鋼所と改稱し、鈴木商店直営工場として運営することとなる。

              金子直吉は、田宮嘉右衛門を支配人に起用し、操業を継続させたが、技術的に未熟なこともあり、操業難から再三経営不振に陥り、工場閉鎖もたびたび協議された。しかし、大里製糖所の売卻資金(正味売卻益400萬円)により設備増強を行ったこと、そして海軍への納入成功が立ち直りのきっかけとなり、明治44(1911)年鈴木商店から分離獨立し、鈴木商店全額出資(資本金140萬円)の株式會社として設立された。

              その後、大戦中の造船ブームもあり、業績を拡大し、機械メーカーとしての道も歩み始める。大正7(1918)年には、スイス?ズルツァー社からディーゼルエンジンの製造権を譲り受け、艦艇、船舶、機関車、自動車等、我が國の運輸部門の高速度化に貢獻することになった。

              後に鈴木商店の造船部門である播磨造船所(現?IHI)を吸収合併し、神戸製鋼所からは神鋼電機(現?シンフォニア?テクノロジー)、日本エヤーブレーキ(現?ナブテスコ)が誕生する。

              関連リンク

              • 大正3年頃の神戸製鋼所(正門)
              • 神戸製鋼所全景
              • 山手工場拡張工事(明治43年頃)
              • 田宮嘉右衛門
              • 依岡省輔

              関連トピックス

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>