<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              松井佐助

              神戸名物「瓦せんべい」の元祖?亀井堂総本店を創業

              生年 安政2(1855)年
              沒年 昭和8(1933)年

              大阪?天王寺區の生玉神社(正式には生國(いくくに)魂(たま)神社、通稱生(いく)玉(たま)さん)の近くで貧乏士族の子として誕生。幼くして両親と死別、親族の下で丁稚奉公の後、神戸に出て菓子職人の修業を積む。

              明治6(1873)年、松井佐助は神戸?元町の現在地に「亀井堂総本店」を創業し、瓦せんべいを考案しその元祖としての第一歩を踏み出した。當時は高価で入手しにくかった砂糖、卵等をふんだんに使い、洋風で斬新な菓子を売り出すとたちまち評判となり、「ぜいたくせんべい」や「ハイカラせんべい」とも呼ばれて神戸名物として名聲を得た。

              同じ頃明治7(1874)年、鈴木商店創業者の鈴木巖治郎が神戸元町の亀井堂に近い弁天浜に砂糖商?カネ辰鈴木商店を開業。菓子職人を目指し長崎で菓子修業をした巖治郎は、松井佐助と出會ったことから瓦せんべいの材料の砂糖を売り込み、亀井堂は創業期の鈴木商店の大の得意先であった。亀井堂の店先でせんべいを焼く佐助と火床を挾んで巖治郎が懇談していたと伝えられている。

              明治23(1890)年、亀井堂は東京?上野で開催された內國勧業博覧會に出品すると神戸名産物として大好評を博したことから、上野広小路にのれん分け第一號店を開く。その後神戸市內、東京等にものれん分けを拡げ、瓦せんべいの普及に努めた。

              関連リンク

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>