<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              株式會社 江戸金

              鈴木巖治郎とともに菓子職人を目指した金次郎が創業した「江戸金」

              幕末の文久2(1862)年、下関に創業した「江戸金」は、代表銘菓“亀の甲せんべい”で知られる和菓子の老舗です。江戸?麹町生まれの創業者?金次郎(後の増田多左衛門)がその名に因み「江戸金」の屋號で、長崎仕込みの南蠻菓子風の煎餅を売り出したところ好評を博し、次第に全國に名を知られるようになりました。

              弘法大師が中國から伝えた煎餅のルーツと云われる亀の甲型せんべいの伝統を継いでいる“江戸金の亀の甲せんべい”は、歴史ある下関の町とともに歩んで來ましたが、江戸金は鈴木商店とも淺からぬ縁がありました。

              江戸金創業者の金次郎と鈴木商店創業者の鈴木巖治郎は、ともに天保12(1841)年生まれで、菓子職人を目指した二人は、二十代の初めに彌次喜多道中の如く二人旅で江戸から長崎へ菓子職人修業に出、やがて長崎からの帰途、二人は金次郎の長州藩の兄が居る下関に立ち寄り、そこで鰻屋(兼菓子屋?)の「桝(ます)初(はつ)」を営む増田初蔵のもとに職人として入ります。

              金次郎は、見込まれて増田家の養子となり、やがて新商品の煎餅を売り出して「江戸金」を創業、一方の巖治郎は、下関から江戸への帰路立ち寄った神戸の辰巳屋で働く縁からカネ辰「鈴木商店」を興すことになります。砂糖商?鈴木商店は、店主巖治郎が早逝した後、未亡人よねと番頭金子直吉により下関を足場に目覚ましい飛躍の第一歩を踏み出したのです。

              江戸金は、今年で創業152年目を迎えます?!盖懽婴悉饯蔚胤饯挝幕饯韦猡韦扦ⅳ??!工趣いπ拍瞍颔猊氓醛`に、「亀の甲せんべい」は昔のままを守り続けます。

              関連リンク

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>