<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              株式會社ニチリン

              鈴木商店のゴム部門から発展した
              自動車部品のトップメーカー

              株式會社ニチリンは、明治末期、鈴木商店の化學部門の事業會社の一つ東レザー㈱(現?帝人の前身)ゴム工場を源流とする會社です。その後、東レザー㈱はゴム、人絹(レーヨン)と製造品目が多様化してきたので東工業㈱と改稱し、神戸?敏馬(みぬめ?神戸市灘區)のゴム工場を分離し、ボルネオでゴム農園を経営していた鈴木商店の子會社の日沙商會に吸収させました。㈱日沙商會は、その後ゴム工場を分離、大正3年5月に資本金10萬円で日本輪業合資會社が設立され、この會社が株式會社ニチリンの歴史の始まりとなっています。

              現在のニチリンは、“高品質、高機能の追求”をモットーに自動車、バイク用液圧ブレーキホースやパワーステアリングホース、カーエアコンホースなどの他、給水給湯設備用住宅設備関連ホース等の自動車部品トップメーカーとして親しまれております。

              【沿革】
              ○大正3(1914)年5月
              総合商社「鈴木商店」の子會社㈱日沙商會のゴム部門が分離され、「日本輪業合資會社」が設立された。自動車用タイヤ?チューブ、各種ゴムホース、工業用ゴム製品を製造
              ○大正13(1924)年3月 「日本輪業株式會社」に組織変更
              ○昭和6(1931)年2月 社名を「日本輪業ゴム株式會社」と改稱
              ○昭和18(1943)年8月 「日輪ゴム工業株式會社」と改稱
              ○平成3(1991)年7月 社名を「株式會社ニチリン」改稱

              関連リンク

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>