<nobr id="nztrj"></nobr>

        <b id="nztrj"></b>

          <nobr id="nztrj"></nobr>

            <menuitem id="nztrj"></menuitem>

              <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>

              日油株式會社

              金子直吉の先見性がわが國の油脂工業をけん引

              日油の前身の一つである合同油脂グリセリンは、鈴木商店の魚油精製、大豆油事業がその発展の基礎となっています。未だ我が國に硬化油の技術が確立されていない頃、金子直吉は油脂加工を學んだ新入社員の技師久保田四郎に命じて硬化油の研究をさせ、日本で初めて硬化油工業を確立し、國內の需要を満たすだけでなく、海外に輸出する商品に育て上げました。

              また合同油脂グリセリンには、鈴木商店の長崎英造が社長に、久保田四郎が常務取締役に就任しています。合同油脂グリセリンは、合同油脂への改稱を経て日本産業傘下の3社と合併の後、第1次日本油脂として新たな歩みをスタートしました。その後異業種との合併や日産化學工業への改稱、部門の分離継承による第2次日本油脂の設立を経て幅広い分野を有する総合化學メーカーに成長してまいりました。平成19(2007)年に社名を変更し、現在の日油株式會社に至っています。

              現在の日油は、「バイオから宇宙まで幅広い分野で新しい価値を創造し、人と社會に貢獻します」との経営理念に基づき、「ライフサイエンス」、「電子?情報」、「環境?エネルギー」の各分野において高機能で価値ある製品を提供しています。

              関連リンク

              TOP

              粗大狠狠的进出她的体内,99国精品午夜福利视频不卡99,色婷婷美国农夫综合激情亚洲,强壮公弄得我次次高潮小说
              <nobr id="nztrj"></nobr>

                    <b id="nztrj"></b>

                      <nobr id="nztrj"></nobr>

                        <menuitem id="nztrj"></menuitem>

                          <nobr id="nztrj"><thead id="nztrj"></thead></nobr>